横浜の工務店ファーム建設のブログ

創業40年の工務店有限会社ファーム建設のブログです。横浜市内東京都内を中心に建設関連事業を行っています。新築注文住宅、リフォーム工事、リノベーション工事、不動産相談、空き家対策等、お気軽にお寄せください。ブログは日々の事をいろいろ書いたり、住宅関連の耳寄り情報をお伝えしていきます。

タグ:失踪

日本に技能実習生として来日してその後に失踪する外国人が増えているそうです。

失踪するという事はつまり、不法滞在になるわけですね。

しかも過去最高になったそうです。

外国人

外国人が日本で起業するケースが増えており、それを促進する目的で経営管理ビザが緩和されました。

そうなると、民泊やIT関連、貿易関連で事業を日本で起業する外国人が増えました。

特に多いのが中国人だそうです。

確かに少し前よりもっと中国人が増えた気がします。

日本企業側も、特に農家、介護、建設、サービス産業は人材不足の為に、外国人技能実習生を受け入れるケースが多くなってきました。

勿論、真面目に働いている外国人の方が殆どだと思いますが

中には、受け入れ先から失踪してそのまま不法滞在外国人になるケースが有ります。

ちょっと私は外国人労働者を受け入れるのもアリかなと思っていたのですが・・・・ちょっと考えてしまいますね。

折角受け入れても最初から抜け出して不法滞在をして別の仕事で稼ごうと思っているなら、受け入れて仕事を教えて、お給料を払っても最終的にはその投資は無駄になりますからね・・・・

多少は外国人労働者を受け入れると国から補助金が出るそうですけど・・・それを狙いに無駄に受け入れて、外国人労働者に全く賃金を払わない企業もあるそうです。

やっぱり基本は・・・日本人にしっかり働いて貰うのが一番だと思います。

非正規雇用の方が多くなっているので、正社員になれるようにしたいですね。

しかし・・・建設業は人気が無いので色々考えなければなりません。


みなさんこんにちわ。

私は自宅で猫を飼っています。

今の猫で四代目になります。

・初代はオスのマイケル

迷い猫で家に居つくようになって外で餌をやり飼っていました。

6年程飼っていたのですがある日から居なくなりました。

・二代目は拾ってきたメスのミー

自宅近くのダンボール箱に「誰か貰ってください」と書かれていた手紙と一緒に入っていました。

親戚の方が「どうしても貰いたい」と言っていたので差し上げました。

・三代目は、友達が拾ってきたメスのミミ

友人がいきなり家に子猫を持ってきて「飼ってくれ」と言うので飼いました。

20年、自宅で飼いました。一昨年高齢で亡くなりました。

・四代目は現在飼っているメスのヒメ

友人のそのまた友人が飼えなくなったので家に持ってきました。

まだ若い猫です(3歳)

今、飼っているヒメですが、うちにきて一年半くらいですが、たまに失踪します^^

猫って失踪するものですけどね・・・家の中に居ても退屈だろうと思って外に遊びに行かせるんですけど

たまに居なくなります。

猫を飼っている人は飼い猫が居なくなると物凄く不安になるんですよね。

「飼っている猫が居なくなってどれくらいで帰ってくるか?」こんな感じで不安になるものです。

うちの猫は最長で2週間居なくなりました・・・・

フラフラになって痩せ細って帰ってきました。

この時は、なんと隣の家に迷い込んでしまったみたいで・・・・2週間飲まず食わずだったみたいです。

そして、今朝、私は早朝5時に起きたのですが、水を飲もうとリビングに行くと

「ミャーミャーーーー」と外から鳴く声が・・・・

え??こんな時間に外に??

基本的には夜の遅い時間は外に出さないようにしているんですが・・・・家族が出してしまったみたいで

それを忘れて戸を閉めたから、夜から今朝まで外にいたようです。

私が家の中に入れてあげると

むさぼるように餌を食べまくって、お気に入りのソファーで爆睡してました。

猫

なんか上から見ると・・・別の生き物みたいですね(笑)

今回はすぐに戻ってきたからよかったですが。

猫はもともとの、つまり猫の祖先は砂漠で生活をしてたそうなので、多少食べ物や水が無くても生きていけるようになっているそうです。

最長では一ヶ月くらい何にも食べなくても大丈夫な場合もあるそうです(稀なケース)

今、猫が失踪して悩んでいる人にはこんなアドバイスが有ります。

・猫が反応しそうな音のするものを持って探してください。
(家の場合は、猫のドライフードのカラカラっていう音に反応します)

・猫が隠れていそうな場所に餌を撒いておいてあげてください。
(実際にこれで帰ってきました。何となく思い出すそうです)

・昼間はダメです。夜に探してください。
(猫は夜行性なので目が夜の方が見えるので、その方が良いです)

・もし見つけても過剰に追いかけたりしないでください。
(何かに怯えている可能性が有るのでエサを撒いたりして安心させてあげてください)

・隣の家などに居る場合が有ります。
(実際に私の家ではそうでした。普段近所づきあいが無くても是非、隣近所にお確かめください)

こんな感じでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

↑このページのトップヘ