横浜の工務店ファーム建設のブログ

創業40年の工務店有限会社ファーム建設のブログです。横浜市内東京都内を中心に建設関連事業を行っています。新築注文住宅、リフォーム工事、リノベーション工事、不動産相談、空き家対策等、お気軽にお寄せください。ブログは日々の事をいろいろ書いたり、住宅関連の耳寄り情報をお伝えしていきます。

タグ:不動産投資

どうもこんにちわ。いや、おはようございますですね^^

週の始まり月曜日でございます。

土日はどうお過ごしになれていましたでしょうか?

私は、ちょっと仕事をしたり勉強をしたりそんな土日でございました。

そんな一昨日の土曜日・・・自宅にいましたら家の電話が鳴りました。

今の時代、家の電話に掛けてくるのは大体・・・

オレオレ詐欺的な電話

不動産屋「土地買いませんかーー?売ってくれませんかーー?」的な電話

畳屋「畳張り替えませんかーー?」的な電話

住宅リフォーム会社「ご自宅のリフォームしませんかー??」的な電話

胡散臭い投資の勧誘「金の投資どうですか~??」的な電話

セールスしか有りません。

たまに携帯番号を知らない親戚とかくらいですかね。

皆さんも似たような感じでしょう。。。。

話は戻りまして、土曜日の昼間に電話がかかってきました。

一度掛かってきて、ちょっと私は出れなくて、切れてしまいました。

するとまた電話が掛かってきて、私が電話に出る態勢になったので電話に出ました。


「はい。もしもし」

悪徳不動産屋
「東京○○の○○と申します」
○○の部分は何を言っているのか聞き取れませんでした。

しゃべり方はこの人にそっくりww


ishiba[1]

石破茂さん

すごーーくゆっくり話す感じでソフトな話し方


悪徳不動産屋
「お持ちのマンションを私のお客様で欲しいという方がいらっしゃるのですけど、売却されるご予定等はございますか?」


聞いてきました。その物件では以前・・・記事にしました。そう!あの事故物件ww


 ←記事はコチラ



「あ~ずいぶんとあの物件はお問い合わせ頂くんですけど、事故物件なんですよ。知っていらっしゃいますか?」


悪徳不動産屋
「あーそうですか。それは知りませんでした。ですがそれでしたら売却を是非しましょう!」



いやいや、売却する気はないんですよ。現に入居したいという方も最近いますので」


悪徳不動産屋
「何故売却されないのですか?高く売って違う物件を購入された方がよろしいですよ?」



「いや、だから売却する気はないんですよ。」


悪徳不動産屋
「それはおかしいですよ。高く買うと言っているんだから売って違う物件を購入された方が利益も確実に上がりますよ」


何で見ず知らずの奴に「可笑しい」とかいきなり否定されないといけないんでしょうかねww


それに明確にですね。「売却する気はない」と言っているので、この時点で食い下がると言うか言い方をこの人間違えると宅建業法違反になりますよww


悪徳不動産屋
「どう考えても売却したほうが良いですよ。」


これの一点張りww



「あの・・・私ね、売却する気はないんですよ。むしろ物件を増やしたいと思っているので手放したりはしませんよ」


悪徳不動産屋
「それなら尚更売却しましょう。そうじゃないと増やしたいというお考えと矛盾しています」



「いや・・・だからね。手放す気はないんですよ。別に現金が今すぐ欲しいとかでもないですしね。意味わかりますか?」


悪徳不動産屋
「物件を増やしたいんですよね?それならその事故物件を売って、を得て違う物件買えばいいじゃないですか?」


段々、なんか言葉遣いが荒くなってきましたww



「色々意見は有るのかもしれないですけど、売りませんから。」


悪徳不動産屋
なんでですか?意味分からないですね


酷いと思いませんか?この言い方?


売らない!って言っているのに意味分からないとか言いますかねふつう?



「貴方ね、そんな不動産をね人に売ってくれとか買いますとか人に言っているんでしょ、儲かりますよ!とか言って、そういう貴方は不動産投資しているの?」


悪徳不動産屋
「いやしてないです」



「え?してないの、それはダメだね。自分がしてないのに人にそんなオススメするなんてねww」


悪徳不動産屋
うちは仲介専門だからいいんです。だいたいね今の時代ね不動産投資なんて儲からないからやる奴はバカなんですよww


はい!遂にボロを出しましたね。



「はーーー貴方はすごい人ですね。酷いね。あなたもういいからじゃこの辺りで」


悪徳不動産屋
「あ~はいはい」


ここで電話終了です。


しっかり社名と名前を聞いておけば良かったです。


聞いていれば即、宅建協会と東京都に電話したのにww


基本的にね、あれですね。


大事な事ですが


儲かりますよーーーとかね友達でもないのにやたらと言う人は絶対に信用してはいけません。


絶対に儲かってないですww


儲かっていると言っている案件を餌に人を集めて別のビジネスで儲けているんですよ。


電話勧誘はいきなりピンポンしてくるような業者は気を付けてくださいね。


口コミや紹介やしっかり広告宣伝活動をやっている会社さんが良いと思います。




不動産融資が日本のバブル期を上回ったそうです。

大丈夫なんでしょうかね?

バブル

バブルが崩壊したのは総量規制をしたからです。

簡単に言うと

「不動産投資や不動産売買向けの融資の貸し出しを規制する」という事です。

バブル期は銀行がジャブジャブお金を貸し出し借りた人はビルや土地や様々な不動産物件を買い漁り、不動産価格は高騰しました。

その高騰した不動産を誰かが買いそしてまた誰かに売りまたは収益化してお金が日本に溢れました。

しかし・・・総量規制が始まりというか・・・始まる前にバブルが崩壊しました。

不動産に価値がなくれなば価格が下がりますから。その不動産を担保にしてお金も借りられませんから、その当時は不動産会社や建設会社がガンガン倒産しました。

そんな狂った時代を今、不動産融資に限っては超えたそうです。

本当に大丈夫なんでしょうか?

首都圏が特に上がっていて地方は全然そんな事はないから大丈夫!!と言う人もいますし

日銀が「バブル期を超えたとは思っていない」と発言しているので、大丈夫と言う人もいます。

しかし余りに高騰すると・・・結局は投資家にしか不動産が行き渡らずに一般市民は蚊帳の外になります。

投資家と言っても一般投資家ではなくて、外国の投資機関や外国人が投資をしている日本の投資機関の事です。

日本の中心部が外国勢力に買われることになりかねません。

やはり日本政府は行き過ぎた不動産投機には規制をかけるべきだと思います。





どうも、お久しぶりですね。

色々忙しくてブログを更新出来なくてすみません^^

ワンルームマンション


最近、連日ですが、まあ~前からなのですけど、不動産業者から

「お持ちのマンション売りませんか?」と電話が有ります。

私の持ち物ではないですけど、速攻いつもお断りしています。

すると

「あ~そうすっか。わかりました」と、かなりぶっきらぼうに電話を切られます。

しかし昨日は違いました。

不動産業者
「そうですか・・・ちなみに大変失礼なのですがどのくらいでしたら売却をお考えでしょうか、出来る限りご希望に沿うように致しますし、是非とも買いたいと仰る方がいますので、ご意見をお聞かせください。」


「いやいや。。。金額というか売るつもりは無いので、売ってしまったら現金しか残らないですから売らないでチョコチョコとお金になればいいんですよ」

不動産業者
「まったく仰る通りです。しかし10年後を考えると今より空き家率も確実に上がりますし、今のうち売却された方がいいと思うのですが・・・・どうでしょうか?」


「いや~まあそうですけど、悪い所に有る訳でもないですから、それは多分大丈夫ですよ。」

不動産業者
「そうですよね・・・しっかり家賃も取られていると思いますし・・・・どうでしょうか・・・○○百万円くらいでしたらお売り頂けますか?」

その金額はそのワンルームマンションを購入した時の金額くらいの値段でした。

ちなみに今はワンルームマンションは価格が上がっています。


「え??いやいやその金額じゃ売らないですよ。。。」

不動産業者
「あ~そうですか(物凄く残念そう)やっぱりあれですか、一千とかくらいですかね?」


「まあそのくらいじゃないとですかね・・・どちらにしても売らないですけど^^」

大体多分、不動産投資家に売買する金額は1千万~数百万の間くらいで売るのでしょう。

当たり前ですが、現在物件を持っている売主は買いたたかれます。

よっぽど辺鄙なところに物件を持っていない限り、工夫次第ではどうにでもなると思います。

ですから今は売らない方が良いですね。

逆に10年後に空き家率が上がって来た時がチャンス。不動産価格が一番下がった状態の時に今度は購入すればいいのです。

上がっている今、購入しては損です。

そう思っているので、基本的には売買のお話は断っています。

不動産投資を始めようと思っている方は、今は買わない方が良いかもしれません^^

それよりも価格が下がった時に買いまくれるようにお金を貯めた方が良いと思います。

株でも為替もそうですが、下がれば上がります^^当然、上がれば下がりますが・・・・

昨日はたまたま丁寧な割と会話が出来そうな業者さんでしたから話をしました。

ちなみにですが、ワンルームマンションやアパートを複数室持っています。

お金

お金は大事ですが、先を見越して使いましょうそして貯めましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


1

「うわーーー今月も不動産投資が失敗して赤字だーーー!こんなアパートぶっ壊してやる!!」

そんな怒りの表情でバットを持つ男性(笑)

不動産業者

「利回りが良いですよ」

「必ず儲かります」

「売っても良いですし、賃貸として貸しても稼げます」

「老後の資金を貯めると思ったご購入ください」

こんな甘い誘い文句に乗ってしまい、不動産価格が上昇する中で投資用物件を購入してしまった方は悲惨かもしれないですね。

何しろ、空き家率が30%を超えているんですから。

・各地の空き家率

東京23区 30%

神奈川県 35.54%

千葉県  34.12%

低金利政策と投資を推奨するアベノミクスも相まって、ガンガンと新しいマンションやアパートが建てられた結果

こうなってしまいました。

それに乗っかって、投資用不動産を販売している不動産業者もイケないですけどね。

「家賃保証だから安心だ」なんて思っていても・・・・契約書をよく読むと「家賃は○年毎に見直す」と書いて有る。

ただでさえ、一般住宅の空き家が問題になっているのに、これ以上人が住んでない建物が増えるのは困りますね。

一番問題なのは、サラリーマンの方などが「老後の資金」、「退職金」を叩いて投資用物件を購入してしまった場合などです。

破産の危機があるからです。

今でもさかんに業者は不動産投資を煽ってますが、現時点で値段が上がってきているので今、購入しても利幅が少ないですし、減価償却するのに時間がかかります。

やはり投資は、安い時に買い高くなるまで待つのがベストです。

不動産投資セミナー等も多くやっていますが、私はこういうセミナーは嫌いじゃないですが

殆どの講師の人は「不動産投資なんてやっていません」それはなぜか?

本当に儲かるなら、まず自分がやってみると思いませんか?

そして、本当に儲かるなら人に教えますか?

本当に儲かるなら人に売らないでドンドン自社で購入して賃貸や転売した方がいいと思いませんか?

じゃ、何故それをしないのか?答えは簡単です。

儲からないからです。

これからは、ただ単純に不動産を購入して、転売や賃貸をしてもダメだと思います。

独自アイディアや地域の特性に有った不動産運用をしないとダメですね。

怪しい不動産投資会社にお気を付けください。断るときはこう言いましょう^^

「そんなに儲かるなら貴方は当然、不動産投資をやっていますね?」とこれで断れます。

不動産投資のブログを書いている方々も殆どは不動産投資で儲けているんじゃなくて、その情報を出して儲けてます。怪しいブログにもお気をつけください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。




↑このページのトップヘ