横浜の工務店ファーム建設のブログ

創業40年の工務店有限会社ファーム建設のブログです。横浜市内東京都内を中心に建設関連事業を行っています。新築注文住宅、リフォーム工事、リノベーション工事、不動産相談、空き家対策等、お気軽にお寄せください。ブログは日々の事をいろいろ書いたり、住宅関連の耳寄り情報をお伝えしていきます。

タグ:不動産屋

1


今日は早朝6時過ぎからお仕事でした。

仲良くさせて頂いている不動産会社さんの応援です。

いつも私は5時30分くらいに起きて8時前くらいに出社するんですけど

いつも起きている時間を考えればどうって事ない時間だったんですが現在、凄く眠いです。

今は会社に来てブログを書いています。

ずっと外にいたので雨が降ってきてヤバい感じになりましたが、何とか大丈夫でした。

さて今日も頑張ります。


1

5月から準備をしてやっと開業致しました。

ご協力してくださった方々、ありがとうございます。

そして、早速、開業日の次の日から物件紹介を開始しました。


すでに


「中古マンションを買いたい」


と言う方から依頼を受けていたので、免許を得て開業してからすぐに取り掛かりました。


15日に初めてレインズに入って物件を物色して、希望に沿いそうな物件をご紹介しました。


ちなみにレインズとは不動産業者しかアクセスが出来ない独自のモノで物件情報が載っています。


基本的には媒介契約または直売をしている不動産業者さんが載せています。


そして宅建業法でも明記されてますが、基本的に媒介契約(専任 専属契約)をしてある日数以内にレインズに登録をしなければならないとなっています。


でも・・・これはですね。世の中には数多くの物件が有ります。それから考えると少ないですねレインズに掲載されているものは。


つまり、どういう事か?物件隠しをしている業者が多いという事です。


「他社に売られたり貸されて、手数料なんて取られたくない!」って思っているからですね。


こんなのただのエゴですしダメですね。売り手や買い手が不利益なだけです。


つまり、売り手と買い手から両方から手数料が欲しいわけですね。


両手と言います。


勿論、決められた日数以前に契約出来れば原則いいのでしょう。その為に日数が設けられていると言えます。


ちょっと話が脱線しましたね(笑)


すみません。簡単に言うとレインズ少ないぞ!って事を言いたいだけです。


そんな訳です^^


ありがとうございました。


いや毎日毎日ムシムシしてますね・・・夕方はちょっと湿気も余りなくて涼しいですけどね

梅雨だから仕方ないですね^^

今日も雨が降りそうです。


雨

それでですね、前回の続きですね。



宅建協会の方に登録をしにいきました。

そうすると神奈川県に登録される事になります。

取引士証が出来てからが正式ですけどね。

割とすぐにですね取引士証が出来て取りに行ってきました。

そして今度は会社の方の不動産事業の申請が有ります。

ちょっとややこしいですよね?

これまでの記事で書いたのはあくまでも個人の話です。

宅建士のお話になります。

そしてその免許を使って事業をする為には事業申請をして知事から免許を貰わないといけません。

一つの都道府県のみに事業所を置く場合は知事免許

二つ以上の都道府県に事業所を置く場合は国土交通大臣免許

それからじゃないと事業として不動産業を営業してはいけません。もっと細かく言うと免許を貰うだけではダメなんですよ。それはまた違う所で書きます。

またまた書類が多いんですよ・・・・神奈川県のHPからダウンロードして色々と書類を書いていくんですけどね

私も別にこれだけやっているわけじゃないので正直ちょっと時間取れないので

取れる書類だけ取得して後は司法書士の先生にお任せしました。

お任せしたのはコチラの先生の事務所です。

司法書士このはな事務所

以前から私がお世話になっていたのでお願いをしました。

凄く良い先生なのでオススメです。横浜駅から近いです。

ちなみに揃える書類は例によって

身分証明書

登記されてない事の証明書

住民票

この3つがまた必要なんですね。しかも取締役全員のものが必要なんです。

けっこう大変ですよね。これは自分で揃えました。

そして後は先生に丸投げなんですが、事務所の写真を撮影する必要が有ってですね。

それも細かいので正直2度ほどやり直しを県の方から言われました^^

写真は要注意かもしれません。これから申請する方は気を付けてくださいね。必ず4方からと外から入口が見える方で、中からも入口が見える形で撮る必要が有ります。

まあもっとも・・・ちょっとたまたまその担当者の人がアレだったのかもしれないですけどね・・・

県の担当者によって多少バラつきがあるそうです。

そして正式にOKを貰いまして申請をしました。後は許可されるのを待つだけです。

そしてその間にまた色々手続きをしなければなりません。

それはまた後日お話致します^^

過去の記事はコチラ










今日は暑いですね・・・

暑い

ホントこんな感じです。


遅ればせながら、去年、宅地建物取引士試験に合格しました。


私は基本的には多分ですが父が社長でして、馬鹿のボンボンだと周囲には思われているんですよ(笑)


別に何とも思ってないんですけどね。


そんなボンボンでも頑張るときは頑張ります^^


正直ですね、何度か受験に失敗してですね。悔しくて去年は人生で一番勉強したくらい勉強しました。


元が馬鹿なものなので・・・(笑)


この資格を取得するとですね。不動産業が開業できるわけなんですね。


不動産業は宅建士が5人に1人いないとダメなので、そういう事になっています。


町の不動産屋の変なオッサンでも免許を持っていたりするわけですね(笑)


昔は簡単だったそうですが。最近は数十万人受験してもその20%ちょいくらいしか合格しない試験になっています。


弊社の場合はですね。過去に数十年間、不動産業をやっていたんですが、宅建を持っている人が独立したり亡くなってしまったりで数年前に免許が無くなってしまってそれから不動産業は休止していました。


そこで父が

「お前、宅建取れ!」の一言で勉強して取得する事になりました。


それで去年取得した訳です。


しかし問題があるんですね。弊社には現在、不動産をバリバリ営業した社員はだーーーれもいないんですね。


いや、もちろん、弊社は建設会社なので、お客様が土地を持っていて家や建物を建てたりする時に多少なりとも


不動産的な事も調べたりはしますので、言葉だったり書類の取り方や細かいことは理解してますが


より不動産的な営業とかの経験は皆無なんですね(笑)


(少しの間、実は不動産屋さんで働いたりもしました。多少は実務を積むために)


しかしですねビギナーですよね。こういう事を0からやるのは私は大好きなんです。


不動産屋日記というカテゴリーでは、宅建合格からの事や色々な手続きや業務的な事も書いていこうと思います。


私のように、キャリアがほぼ無いのに不動産を開業される方ってほぼいないと思うんですけど、同じような方が居れば仲良くしてください^^


不動産業者は去年数年ぶりに増えたそうです。

オリンピックも有るし儲かる感じがするのかもしれません。

それに私も今勉強してますが宅地建物取引士という不動産業には無くてはならない資格も人気ですね。

私は勉強する為に、専門学校に週に数回通っているのですけど、まあみなさん不動産業者の方々なんですね。

その方たちの会話を聞いていると

お金の話ばかりしています(笑)

お金


むろん私はそんな話はしません。

不動産会社の社員はよっぽど大手じゃない限り安月給なんです。

安月給+歩合給が基本なんですね。

だから、生活して行くためには、ガンガンと売買や賃貸の仲介をしなければいけないのです。

一番大きいのは売買でしょう。

大きな金額になると、仲介手数料が例えばですけどね。

3000万円(物件価格)

仲介手数料 3%+6万円

96万円が不動産業者に入ります(+8%の消費税ですね)

その96万円の30%だとか20%が営業を担当した社員に歩合給として支払われています。

「営業なんてそんなもんよ」なんて思うかもしれないですけどね。

歩合欲しさに、おとり広告や無理やり売ったり貸したりします。

大事な重要事項説明を無免許の営業社員がやったりもしています。

これは、宅建業法違反なんですけどね。

私も過去に経験がございます。飲食店を経営しようと思って物件を探していましたら、たまたまセンチ○リー21の営業マンと知り合いになりまして、物件を探して貰いました。

すると数件物件を持ってきました。

現地へ行く→検討する→また違う物件の現地へ行くを繰り返していました。

それなりに、リフォーム工事もしなければならないですし、家賃も相応ですから、慎重に選ばないといけません。

それなのにセンチ○リー21は「まだ決めないのですか?早くしないと決まってしまいますよ?」とかガンガン言ってきます。

「ええと、嘘を言ったらいけません。私は直接オーナーに聞きましたが殆ど物件がなかなか借り手が見つからないで困っていると言ってましたよ?」

そう言いました。

「え・・・いや、そんな事ないですよ。いい物件は早くしないとダメなんです」

こんなやり取りでした。

基本的にお客さんをお金にしか思ってないんですね。

「大きな買い物だから丁寧にお客さんが納得出来るまで対応しよう」とか余り思わないのでしょう。

不動産業界は不動産会社で働く従業員にモラル向上を促しています。

それが、宅地建物取引主任者から宅地建物取引士への士業への昇格及び名称変更に現れています。

はっきり言ってそれをしたいなら、名前を変更するのではなく、歩合給料制度の廃止を盛り込むべきです。

「え~そんなんじゃやる気が出ないよ~」なんて思う不動産屋さんは辞めるべきです。

人の資産を産んだり移動させたり新しい生活の糧を作る大切な仕事なのですから、ただ単純に「儲かる」とか「お金になるから」とかでやってはいけない仕事です。

物件購入は慎重にしてくださいね^^担当者に聞いてみると良いですね。

「あなたのお給料は歩合ですか?」と歩合だと答えたなら止めておきましょう。

他に関連の記事はコチラ











最後まで読んで頂きありがとうございました。



↑このページのトップヘ