横浜の工務店ファーム建設のブログ

創業40年の工務店有限会社ファーム建設のブログです。横浜市内東京都内を中心に建設関連事業を行っています。新築注文住宅、リフォーム工事、リノベーション工事、不動産相談、空き家対策等、お気軽にお寄せください。ブログは日々の事をいろいろ書いたり、住宅関連の耳寄り情報をお伝えしていきます。

2017年05月

1

↑ちなみにコチラの画像はイメージです。メッチャ怖いですけどね・・・

事故物件、最近は色々事故物件に関する話題って普通にするようになりましたよね。

この方のHPが有名だからですね。

大島てる事故物件公示サイト
http://www.oshimaland.co.jp/

何でこんな話をするかと言うと

先日、私の父が所有している投資用マンションを売ってくれと言ってきた不動産業者が居ました。

ちなみにこの方がCMをしている会社ですね。


4

↑ケイン・コスギさん

もうわかりましたね??

なんたら21
「是非所有している不動産を売却してください」


「え・・・っとすみません。今は父が不在なので」

なんたら21
「そうでございますか、ご売却のお考えと言うのは聞いたりされていないですか?」


「ないですね。売却は無いです。ちなみにですけど・・・そこ事故物件ですけど?」

なんたら21
「・・・・・・・(しばし絶句)・・・本当ですか?」


「ホントですよ^^嘘じゃないです。だから空いているんですよ。知らなかったですか?」

ちなみにコチラの物件は非常に立地が良いので人気でけっこう月に何度も売却の問い合わせが有ります。

なんたら21
「知らなかったです・・・」


「あ、じゃそれなら良く分からないですけどそちらのお持ちのリストに「事故物件」と追加して書いておいてくださいね?どうせリスト回っていると思うので。」

なんたら21
「わ、分かりました・・・・・・いつごろのお話なのでしょうか?」


「ええと三年前くらいですね。三年前に借りていた方が自殺されまして、ですね。その後、事故物件の告知した上でOKを頂いた方が入られたのですけど、2年借りて頂いて更新をせずに解除になりました。それからちょっと空いている感じですね」

なんたら21
「そうですか・・・・」


「それでも買いますか?買わないのでしょwww」

なんたら21
「え??売却お考えですか・・・・お高くは購入出来ないのですが・・・・・お考えなら是非に・・・」

ええとですね。何処の世の中に自殺が有った物件を買う人がいるのだろうか?

基本的には事故物件は告知義務が買主に対して有ります。

ちなみによく言われる

1回人が入ったら次からは告知しないで良い

とか言うのは勝手に不動産業者が決めた訳のわからんルールらしいです。

宅建協会の方がそう言っていました。

基本的には事故が有った事実を誰も記憶してないくらい未来にならないかぎり告知をしなければならないそうです。

大事な事です。もう一度言います。


基本的には事故が有った事実を誰も記憶してないくらい未来にならないかぎり告知をしなければならないそうです。

もし虚位で賃貸したり売却した場合は売主や貸主、または不動産業者は損害賠償請求を受けます。

話を戻します。

なんたら21
「え??売却お考えですか・・・・お高くは購入出来ないのですが・・・・・お考えなら是非に・・・」

例えば、なんたら21さんがこの事故物件マンションを購入して恐らく転売するのだと思いますが、本当に告知するのでしょうか?またその買った人が借主に賃貸する場合は告知するのでしょうか??


怪しいですね・・・・・

本当に怪しいですね。



「どちらにしても売却は考えてないので。すみませんね。」

なんたら21
「そうですか・・・わかりました。また何か有りましたら宜しくお願い申し上げます。失礼します」

このなんたら21の社員は言葉遣いも丁寧で好感は持てました。

今、貴方の住んでいる物件は大丈夫ですか??

事故物件かどうか知りたい場合は

大島てる事故物件公示サイト
http://www.oshimaland.co.jp/

コチラで探してみてくださいね^^






1

久しぶりのブログ更新すみません^^そして更新が滞ってごめんなさい。

けっこう色々と忙しくてついつい忘れちゃいますよねブログ更新って

いけないですね。ちゃんとやらないと。

今、FP2級資格を取得するべく勉強をしています。専門学校に通っています。仕事の合間を縫ってって感じですけどね。

FPって言うのは

依頼者の収入や金融資産等の適切な運用や税金、保険商品などの適切なサービスを案内したり

ライフプランを作成して人生設計に役立てて貰おうという時に必要な資格です。

保険関係の営業の人が主に取得する資格です。

最近は建築や不動産関係や投資関係の人も資格取得をするようになっていますね。

正確には別にFPなんて無くても出来るんですけどね(笑)アドバイスとかは

ですけど、不動産や建築ですと、やはり建物や土地を買ったりお客様はしますから

気になるのが

「今の収入でローンをどのくらい組めるのか?」

とか

「家を買ったりしたら教育資金が足りなくなったらどうしよう・・・」

とか

「保険等の適切な金額が知りたい」

とか

色々有りますよね。

大きな買い物だから心配になるのは当たり前ですよね。

そういった時にお客様の要望や希望が叶うように適切なプランや実際にどのくらいお金が必要なのか提案してアドバイスするのがFPなんですよね

大事な事だからもう一度言いますね。

お客様の要望や希望が叶うように適切なプランや実際にどのくらいお金が必要なのか提案してアドバイスするのがFPなんですよね

でも、今の時代は混迷を極めている時代です。

終身雇用は崩壊し年金は減りしかし年金を払う金額は上昇しています。

東芝のような大企業でも可笑しな事になり、業績が悪化したりしています。

つまり

安定や上昇は安易に求めてはいけない時代になった訳です。

ですから、例えばですけど、例えばですよ。

Aさんの場合にしておきましょうか?

Aさん一家

夫婦二人で子供がまだ小さい四人家族で新築一戸建てを購入しようとしています。

買いたい家は3500万円程の新築

今、住んでいるのは賃貸マンションです。

奥さまは専業主婦で、旦那様は中小企業にお勤めでお子様はまだ小学校低学年です。

ちなみに、ご夫婦の年齢は30代中盤です。

お金がこれから掛かる年齢ですねお子さんは

年収は500万円(額面)

色々話を聞いてプランを作成したら、戸建を建てた場合明らかに経済破綻するのが分かったとしましょう。

家を建てるの、辞めればいいじゃん??

ってふつうは思いますよね??

だって無駄に負債を背負わせることは無いですし、現状でもちゃんと住めているなら良いじゃないですか?

でもね・・・FPの立場だとそうは行かないらしんですよ。

「お客様のご希望を叶えるのが仕事」だ、そうです。←講義で講師がそう言っていました。

だから

無理やり色々プランするそうです(笑)

なんだかなと思いますね。

もっと正直にちゃんと無駄に負債を背負わされたりしてもらいたくないですし、無理やりプランとかしたくないですよね。

お金が無いなら新築は辞めた方が良いです。

無理をしてでも買うものではないです。

新築も購入して数十年経てば劣化してリフォームが必要になります。

そのお金どうするんでしょうか?

大事な老後資金や貯金を使いますか?

お子さんの教育費はどうしますか、奨学金を使わせますか?

奨学金は消費者金融と一緒ですよ?

それは辞めた方が良いです。

年を取ったらお金を持っている方がいいと思います。

中古住宅を購入して少しずつリフォームしたり状態の良い中古住宅を買って

少しでもお金を蓄えておくことをオススメします。

私はお客さんがお金持ちに、いや小金持ちくらいになれるようにアドバイスするFPになりたいですね。

後、嘘を付かないFPですね。

以上です。




↑このページのトップヘ